薄毛 改善

 

勘違いしやすい薄毛改善対策

薄毛改善対策で失敗

「自分で様々な薄毛対策をしたけどなかなか症状が改善しない」という人は、もしかするとその対策は逆に症状を悪くしているかもしれません。

 

例えば頭皮の毛穴の皮脂汚れが原因で薄毛を引き起こしている場合、皮脂汚れを落とすために洗浄力の強いシャンプーでゴシゴシ洗うことはNGです。
皮脂は頭皮を守るためにはある程度は必要だと言われており、落としすぎてしまうと頭皮が乾燥してフケや痒み、そして抜け毛を促進してしまいます。

 

また「今生えている毛を剃ると太い毛が生えてくる」と勘違いして毛を剃ってしまう人がいますが、紫外線やその他の刺激により頭皮がダメージを受けて更に薄毛になってしまう可能性があるため剃ることはやめましょう。

 

薄毛改善にはサプリメント

また育毛剤やサプリメントは高い商品だからと言って効果があるわけではなく、様々なタイプの商品がありますので自分の症状にあったものを選ぶ必要があります。

 

そして1か月使っても効果がなかったからと辞めてしまうのも好ましいことではなく、これらは長期的に使って効果が得られるものが多いため、副作用を感じない限りは少なくとも半年は使ってみるようにしましょう。

 

「年齢だから」「髪質だから」「遺伝だから」と諦めずに正しい対策を行うことで症状を改善できるかもしれません

男性の薄毛を改善するためにはぜひ病院へ

薄毛改善するなら病院で治療

男性の場合20代の若い世代から薄毛に悩まされている人が多いです。
ストレスや生活習慣の乱れが原因ではなく、抜け毛や薄毛を引き起こす男性ホルモンが遺伝や加齢により多く分泌されることが原因であり「AGA(男性型脱毛症)」と言います。

 

AGAの特徴は主に頭頂部や額の生え際の毛が薄くなっていきますが、完全にはげてしまうのではなく最終的にはうぶ毛が残ると言われているため、毛を作る組織が残っていれば症状が改善する可能性は高いと言われています。

 

しかし症状を放置しておくとゆっくりとどんどん進んでいくため早めに病院へ相談したいです。

 

薄毛改善は病院へ

病院ではまず問診や血液検査で男性ホルモンの量を調べるなどの検査を行います。

 

ほとんどの病院で抜け毛や薄毛を引き起こしている男性ホルモンの働きを抑制する効果が期待できる薬が処方され、ある調査によるとその薬で8割以上の人の症状が改善したという結果も出ています。
AGAは若いうちに治療することで症状が早く改善すると言われていますので、薄毛治療を行っている病院で相談することをおすすめします。

 

薄毛治療を行っている病院はインターネットで調べることができますので、思い当たる病院がない場合はぜひ検索してみてください。